両建て戦略とピラミッディングを合わせて使う方法

両建て戦略 画像

ポジションコントロールとして重要な2つの売買戦略、「両建て」と「ピラミッディング」について。

この2つは相反する戦略ですが、合わせて使う事が可能です。両建て戦略については以前の記事にも登場しました。

両建てとは買いと売りを同時に行う事です。上手く使えばかなり有効に利幅を確保出来ます。

私が使うのは「天底で売買し、最大限の利幅を確保しておく」というもの。天井や底はそれ以上の先がないので天底です。

しかし、有利な値位置でポジションを保有しておき、いつか天底が破られ値幅が伸びて行く瞬間を待っていれば、利幅は伸びて行く一方です。この方法は利益に繋がりやすい事が分かっています。

https://3starter.com/wp-content/uploads/2021/02/fukidasi160-1.png

「同時に買いと売りをエントリーする」という両建てもありますが、あまりそのやり方では上手く行かないでしょう。FXではスプレッド(買い値と売り値の差)の分だけマイナス分を挟み込む事になるからです。

両建てとピラミッディング

両建てとピラミッディング画像

この値動きの相場分析については従来の相場分析ブログに書きました。

ドル円・ユーロドルの相場分析 2021/4/11

※相場分析をこのサイトでコラムと同時にやって行く方法を模索していましたが、どうもしっくりこないので相場分析は元通りのブログに戻しました。当サイトでは後から読んでも役に立つ記事を書きたいと思います。

両建てのポイント

両建てというのは、安値で買っておいて高値で利食いの代わりに売る事。同時に買いと売りが入るので利幅が確保され、次の値動きまで考える猶予が生まれます。上のチャートでは矢印のところで実際に売買しました。

ポイントは「枚数のコントロール」です。両建てしながら、適時利食いして行く事で安全性を保ちながら天底が取れます。

天底を読み間違えたとしても大丈夫。すぐに損切りすれば、利幅が増えるだけです。この方法は簡単ですよね。

ただし、これが出来るのは重要なラインが見えている人だけです。スリースタータードットジェーピーの会員様であれば大体が出来るでしょう。インジケーター派のトレーダーには無理かも知れません。

ピラミッディングのポイント

ピラミッディングは、まず天底で大きめにポジションを持ち、次のタイミング(高値越えなど)で買い増しをして行く事。上のチャートでは1回だけでしたが、どんどん枚数を小さくしながら買い増して行くので「ピラミッドのようにポジションの比率が三角になる」というイメージです。

やり方としては、最後のポジションが損切りになる値位置に、それまでのポジション(買い増し分も含め)の損切りを移動させておき、利益を確保します。

両建てとピラミッディングを合わせると?

利益を確保しながら勝負出来るところで枚数を増やすので、安全性を保ちながら値動きを取り損ねる事が少なくなります。だからこそ、この2つの資金管理を合わせて売買すると都合が良いという事です。

正確に言えば、「天底でのポジションは利食いせずに、買い増し・売り増し分だけを利食いする」のでピラミッディングの利食いとは少々異なります。

最後に復習しておきましょう。

ピラミッディング→両建て

上のチャートを実際に売買するとこんな感じになります。緑がポジション、赤は損切り位置です。

3ステップ!

  1. 天井まで買って利食いしながら、様子を伺い、徐々に売る。
  2. 下落したら、安値割れのタイミングで売り増しする。
  3. 跳ねるラインやタイミングで買って利幅をキープしておく。

この方法が結構気に入っています(笑)。

完全に利食いしてしまうと、次に伸びた時に不利な値位置からしかエントリー出来ませんが、
天底のポジションを残しておけばそうでもありません。

最初のチャートにも書いたように、天底が分かっていないと出来ませんので
フィボナッチの使い方をスリースタータードットジェーピーで学んでみて下さい。

投資教材一覧へ

まとめ

今回は「両建てとピラミッディングの合わせ方」でしたが如何でしたでしょうか。

あくまでも資金管理方法なので、売買手法でもありませんが
フィボナッチのラインが見えているトレーダーが行うと効果的です。

また、相場分析系の記事はやめてテーマに沿ったコラムを配信して行く事にしました。相場分析はライントレーダーズ通信へご登録頂ければ、書いたタイミングで配信されます。

NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」では、これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。当サイトはスリースタータードットジェーピーのブログ用サイトです。

分かりにくい内容があればお問い合わせ下さい。お問い合わせはホームページからお願い致します。または、記事下のコメント欄からもお問い合わせ頂けます(承認された場合、公開される可能性がありますので予めご了承下さい。)

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!スリースタータードットジェーピーでは2つのメールマガジンを配信しています。
1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気!
2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信
投資の基礎はタダで学べ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP