トレーダーの流儀 取れるところだけを取る|新投資戦略コラム3

投資戦略コラム

トレーダーの流儀1「取れるところだけを取れば良い」

トレーダーの流儀1 身の程を知れ

前回までの話で、投資家とトレーダーの違いをご説明して来ました。

第3話はトレーダーの流儀。

まずはこれ。「取れるところだけを取れば良い。」

トレーダーは何度も何度も絶望の淵に追いやられ、身の程を知っています。例外なくそうでしょう。

だから、自分なんぞに全ての値動きを理解出来るわけもなく、だからこそ勝率が高いところまで待って勝負を仕掛ける。

このようなポリシーを持っています。

それは後の話にもつながり、「売買ルール」誕生への道筋となります。

思い上がって、『自分は凄いトレーダーだ!』と言っている人はビギナーズラックのビギナーくらいなもんでしょう。

調子には乗らない。「勝って兜の緒を締めよ」。これこそが重要な思想です。

トレーダーの流儀2 「損切はずらさない。」

トレーダーの流儀2 損切はずらさない

我々は損切り位置をずらしません。損失が小さくなる方向にはずらしますが、損失が大きくなる方向にずらす事は決してない。

だから、「塩漬け」になる事はあり得ない。

よく考えたら、株で塩漬けになっている投資家もいると時々聞きます。彼らはトレーダーではないのでしょう。

トレードではリスク管理が最も重要です!

よって、我々トレーダーは夢を見ない。このポジションが何倍にもなるという絵空事を考えず、
『負けた時にいくら損をするか?」に注目します。

負けの金額が少なければ、勝つ時もあるわけですから、トータルでお金は増えます。

負ける前提で考えるので、夢を見てバリュー株で一生バリューの(笑)塩漬けになっている投資家の気持ちは理解出来ないのです。どんな売買ルールで買ったらそうなるのか?謎でしかない。

トレーダーの流儀3 「売買ルールに当てはまらなければ、売買しない。」

トレーダーの流儀3 売買ルールに当てはまらなければ売買しない

トレーダーとしてまずやる事はトレード手法の開発、または学習。その次が検証です。

検証するために、売買ルールを作る必要があります。

「どうなったら買い、どうなったら逃げるのか」という事。

この売買ルールの仮案が出来たら、それを検証します。

検証は時間がある限り、ずっとやります。まずは過去検証。過去チャートで売買ルールに当てはまるシーンを探す。

次に、(最近では)検証ソフトFT5やTradingviewのリプレイモードで、検証を行う。

勝率、実際のリスクリワード、ドローダウンの割合、プロフィットファクターなどを数値化し、
その売買ルールのパフォーマンスを把握します。

最後に、売買ルールをブラッシュアップします。ブラッシュアップは改善。

利食いを伸ばした方がパフォーマンスが良いのか、それとも、適時3分割などで利食いした方が安定するのか。

何度もブラッシュアップしたら、デモトレードを行います。

デモでやっていけそうなら、小資金で始めます。

それでも上手く行くようなら、徐々に資金を増やして売買する。という流れです。

トレーダーは自分のルールの確立と検証に命を懸けています。

だから、他人の相場観には決して左右されない。

自分ルールで買いなら買いだから。売買はそれ以上でも以下でもない。

これをやっていないなら、あなたはトレーダーですらないでしょう。
この文章を読んでいる方は是非作業して下さい。

検証出来るようになる方法

私の本「極意書ストラテジーズ」を読んで真似してみて下さい。
検証についてのエッセンスは十分すぎる程。

または、動画コースのみの参加が可能になった「マンツーマントレードコンサルプラン」の
全体ミーティング2023年6月号を視聴してみて下さい。

この動画一本で、自分だけの力で検証出来るようになるはずです。

トレーダーのための新NISA講座のご紹介

新NISAのルールを活かした売買戦略

2024年から新NISAが始まります。では、我々トレーダーはどのようにこの制度を使うべきでしょうか?

一般人のように投資信託を買うだけ?(笑)いやいや、違うでしょう。

次の動画をご覧になってみて下さい。

トレーダーになら出来る方法がありますが、その前に
少なくとも次の方法だけでも検討されたら
この先何十年も生き残る事が出来るかも知れません。

トレーダーのための新NISA講座を視聴出来る場所

  1. 単品販売ページ
  2. 勝ち方実戦編フリーパスプラン
  3. マンツーマントレードコンサルプラン

1番と3番はフルバージョン+テキスト付き。
フリーパスプランには録画版をメンバーサイトにご用意してあります。

※なお、新NISA制度の概要が変わりましたので、以前開催していた「投資トレード講座」は終了しました。

まとめ

新投資戦略コラム1~3は、新しく2024年から始まる新NISA制度に備えて書いた、
トレーダーとしての考え方を再度思い出して頂くためのコラムです。

我々トレーダーは何なのか?

決して一般人と同じではないし、我々にしか出来ない戦い方があります。

それは新NISAでも同じ事。

幸い、今回決まった新NISA制度であれば、
トレーダーの能力
「チャート分析スキル」「ファンダメンタルズ分析の知識」「売買ルールに仕上げる能力」
を存分に活かせます。

ネット上の初心者向け情報に踊らされないで下さい。

私も先日、お世話になっているお医者さんにNISA活用方法を聞かれました。

確かに、何も分からない人に勧めるなら投資信託しかありませんでした(笑)。

つみたてで20年置いておくつもりで、バランスよくポートフォリオを組んで行って下さい。

後はいつか上昇する時があるから、その時に逃げてくれと。

そのくらいしか、言いようがない。

しかしトレーダーの皆さんは違う。

これまでに育てた能力をNISAでも発揮して頂けたら、嬉しい限りです。

それではまた。

スリースタータードットジェーピー 大野

フィボナッチとギャンを使ったライントレードの
オンラインスクール
3STARTER.JP ONLINE TRADE SCHOOL


サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」は相場分析やコラム用のブログです。インデックス投資に注目した内容になっています。これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。分かりにくい用語はこちらの用語解説ページをご参照下さい。

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信 メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

投資は余裕資金の範囲内で、ご自身の判断と責任に基づいて行いましょう。記事内の文言や予測などは個人的見解です。投資の損益に関する責任は負いかねますので、予めご了承ください。
NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp    

関連記事

おすすめ記事

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信

メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

最近の記事

  1. ドル円一服。ナスダック予定通り下落。

  2. ナスダック100が20800で急落した2つの理由とテクニカル的要因

  3. ナスダック100の長期分析結果。現在、5波。

証券会社の選び方

証券会社の選び方

証券会社について精査した結果を記事にしました

著書『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論

フィボナッチトレーディングを1冊でカバー!

『極意書E-BOOK』登場

極意書 新版極意書が電子書籍になりました!
極意書【新版】E-BOOK』が登場☆

※12年間のフィボナッチトレーディング研究のまとめ

TOP

HPへ

3starter.jp

フィボナッチとギャンを使ったトレードのやり方を10年以上教えて来ました

学習コースへ

course.3starter.jp

新設した動画コースで、フィボナッチトレーディングをまとめて学習出来るようになりました

CLOSE

HPへ

3starter.jp

フィボナッチとギャンを使ったトレードのやり方を10年以上教えて来ました

学習コースへ

course.3starter.jp

新設した動画コースで、フィボナッチトレーディングをまとめて学習出来るようになりました