フィボナッチリトレースメントを基本に相場と向き合う。

実に良く機能するツールはもちろん、これだけではない。実に良く機能するツールはもちろん、これだけではない。

ようこそ。サイト「投資とトレードの融合」へ。

フィボナッチリトレースメントを使ったトレード、または投資、チャート分析手法とはどのようなものだろうか。

私はこの専門家なので、その様々な効果や使用方法をご説明出来るが、
実に奥が深い!という事は最初に申し上げておく。

フィボナッチトレード手法の一番の基本が「フィボナッチリトレースメント」。

使い方は幾つもあり、日足以上の大枠では環境認識ともなる王道の手法や、各時間軸での目標値を算出する方法、天底での押し目を捉える方法など様々なリトレースメントの使用方法を知っていれば、それだけでも相場は分析出来る。

そして、多くの場合
フィボナッチリトレースメントは相場で機能している。これは間違いようのない事実だろう。

学習項目

当サイト、特別企画としての学習項目を用意しました!

これまで、スリースタータードットジェーピーではFXとCFDトレードに使えるライントレード手法を教えてきました。しかし当サイトではFXやCFDに留まらず、「インデックス型投資信託」にも注力しています。
CFDもインデックス型投資信託も根本は同じ。「インデックス」つまり「指数」の取引です。株価指数をメインとした市場を取引するなら、株価指数の値動きさえ理解出来れば上手く立ち回る事が可能です!

「投資戦略コラム」の概要

  • FXから投資信託まで全てに共通する「値動きの特性」や景気を左右する「経済指標」について。
  • 投資家とトレーダー両方に必要な「リスク管理」の方法。
  • トレーダーには馴染みがない「ポートフォリオ」「アセットアロケーション」。
  • 投資家には馴染みがない「FX」の仕組みや相関関係を利用した売買手法。

など、盛り沢山の内容で新たな講座を作成しました 😛 。

為替にも株価指数にも使える基礎知識を学ぶのが、この「投資戦略コラム」です。

というわけで、とりあえず基礎的な話を学んでみましょう!
私の手法では天底が分かるので、株価指数の暴落に巻き込まれる事はありません。本当はこのフィボナッチのテクニックを学んで頂きたいのですが、容易に伝えられるものでもありません。

このような株価指数トレードのコツを掴めば直接的に利益に直結します。しかし、それとは別に投資関連の知識を多く習得すればするほど、FXやCFDのトレード自体も不思議と上手く行くものです。

なので、もしもまだ投資の世界の雰囲気が分からなければ、トレーダーの皆さんも投資関連の基本的な事柄を学んでみましょう!

サンプルが出来上がりました!

第一回目 長期投資には資産の分配が必須!

さらに深く学ぶにはメール講座やメルマガを利用下さい

当ブログ記事では基礎的な話を中心に、コラム形式で書いて行く予定ですが
投資の基礎はタダで学べメール講座などではトレードのスキルアップが可能です。

基礎から学ぶには!「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」(一か月間の無料講座)がオススメ。
※基本的に裁量でトレードする方法です

ライントレーダーズ通信ではトレードに役立つコラムや相場分析などもお届けします。

どちらも無料提供中!

トレードを無料で一か月間みっちりと学べる、大人気講座です!メール講座は2つあります。詳細はこちら(HPへ)

投資の基礎はタダで学べメール講座

投資の基礎はタダで学べは、1か月間のトレード学習講座。本当にそれだけで終わってしまいます(笑)が、基礎からトレードのやり方をマスター出来るでしょう。姉妹サイト「投資の基礎はタダで学べ」でも基礎編までは読めます。

投資の基礎はタダで学べメール講座へ参加する

投資の基礎はタダで学べ。メール講座へ

ライントレーダーズ通信へ参加する

ライントレーダーズ通信は、どちらかと言えば、リアルタイムでの相場配信やコラムなどの配信をメインとするメールマガジンです。資金管理のマジックというテキストや、マインドセット講座への参加も出来ます。

ライントレーダーズ通信へご参加下さい。

ライントレーダーズ通信の詳細はこちら

提供;スリースタータードットジェーピー

著者紹介

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

TOP