フィボナッチとギャンの違い(シンプルに解説)

日経平均

フィボナッチとギャンの違いをシンプルに解説!

こんにちは。スリースタータードットジェーピーの大野です。私はフィボナッチとギャンの専門家なので両方を教えていますが、フィボナッチとギャンでは大きく考え方が異なります。

フィボナッチとギャンて何?

ライントレードのツールです。トレードにはインジケーターで平均値などを算出して傾向を見るタイプと、水平線やトレンドラインなどの目標値や支持線を参考に売買するタイプがあります。後者をライントレードと言います。そのライントレードの中の最高峰が「フィボナッチ」と「ギャン」です。

過去の高値安値にただ水平線を引いたり、安値をつないでトレンドライン引くという単純なライントレード(笑)では到底分かり得ない値動きのヒントも分かるのがそれらのツールなのです。

多くのトレーダーには見えていないライン(単純なラインは当然皆が引ける)。そして、一番機能するラインでもあります。

https://3starter.com/wp-content/uploads/2021/02/fukidasi160-2.png

ハードル上げるねえ

日経平均株価で見てみましょう。

ギャンファン・ギャンリトレースメント・ギャンスクエア

次のチャートがギャンです。

ギャンスクエア

ギャンスクエア・ギャンファン・ギャンリトレースメント

このチャートはTradingviewのものです。ギャンの分析の一部を解説したものなので、正確とも言えませんが一つの考え方です。と言うのも、さらに大きな値動きを考えた時には31700円辺りがより大きな意味を持つラインであり、今の値位置は中途半端な値位置ではあります。しかし取り敢えず、この上昇だけを見て考えてみましょう!

日経平均の最高値は39260円であり、下落からの戻しが発生しているのが今。そして、31700円が次のラインであり、この前は27000円でした。今の29700円レートは途中の値位置という訳です。

ギャンスクエアは面白い!

緑の枠みたいなツールがギャンスクエアです。ギャンスクエアはMT4にはなく、Tradingviewにはあります。

ファンとアーク(円弧)とギャンボックスのような縦横のラインが一度に引けるツールで、一つの引き方としてこのやり方を推奨しています。ただ、このツールに関してはまだ検証段階です。第一弾として引き方を教えた動画は「ギャンリトレースメント+ファン応用」という動画です。ホームページ記事で閲覧出来ます。

ギャンスクエア・ファン・リトレースメントまとめ

ギャンスクエアのボックスの上辺にいますね。通常、後々は機能するのですがはみ出してからの事が多いため、完璧に上昇を止めるものではないのです。しかし、一つのポイントではある事は確か※。

※追記…3万円付近から数か月間下落しました。

ギャンリトレースメントは戻りを見るもの

ギャンリトレースメントはフィボナッチリトレースメントの数値を変更する事で表示出来るチャートシステムが多いです。昔流行っていたチャートmarket scopeでは単体で存在していましたが、今はフィボナッチにプラスしてギャンの比率を出すのが主流です。

上の日経チャートで見ると、今の高値から戻るなら2つ参考にすべき値位置がある事が分かります。最高値を30732円と仮定すると → 27765円 → 25130円

ポイントは今の高値を最高値と仮定すると、という部分です。高値を越えればまた変わります。しかし、このまま押し目を付けに戻ればそれらの数値が活きてきます。

問題は、さて「何の数値」を設定するのか?という事でしょう。また、各数値が持つ「意味合い」は何でしょうか?

はい。ギャン大事典をご覧下さい。

ギャンファンは押し目と方向を表す

ギャンスクエア

もう一度先ほどのチャートを出しておきます。クリックすると拡大出来ます。

ギャンファンは斜めのライン。押し目になっているのが分かりますか?ほぼ全ての押し目はギャンファンでした。3回大きな押し目がありますよ。

ギャンファンは引き方が3つあります。この事をもう10年近く話していますが、3つの引き方の内、私が開発した『オリジナルの引き方』がピカイチで使えます。黒い方のギャンファンがオリジナル。緑は基本の引き方。もう一つあるので、どれも引けると良いですね。

ギャンのまとめ

というわけで、ギャンのツールには「ギャンスクエア」「ギャンリトレースメント」「ギャンファン」があり、ギャン大事典ではその他に「ギャングリッド」も教えています。

元々、このギャンスクエアはMT4などTradingview以外のチャートシステムに無かったので、使おうという考えには当時至りませんでしたが、最近使えるかも?と思い、追加で特典動画を作成しました。次のものです。

ギャンファンを簡単に引く方法

ギャンファンを簡単に引く方法

フィボナッチトレードと時間軸ボナッチトレードと時間軸

フィボナッチトレードと時間軸

 

フィボナッチのテクニックの一つ。

では、フィボナッチの手法でも日経平均を見てみましょう。フィボナッチの手法は沢山あるので、一度にはご紹介しきれません。

フィボナッチの基本はリトレースメントで。さらにフィルターを付け加えるというのがオススメ!

上の動画ではファンをフィルターにする方法をご説明しましたが、今回はチャネルをフィルターにする手法です。

日経平均週足とチャネル

 ※追記・・・このチャネルを割れた後、数か月間下落しました。 

チャネルというフィルターを割れると下落しやすくなります。そのため、再度チャネルに乗らない限り、割れた時点で利食いしてしまっても良いでしょう。

そして、目標値のフィボナッチリトレースメントで利食いします。丁度このチャートに見えている水平線で!

この手法は次のものです。

値動きのルール2

「値動きのルール」シリーズでは一つか二つだけを集中して教えています。あまり多くを知り過ぎない方がパフォーマンスが上がるという方も実際多いと思います。シンプルなトレード手法を続けていくのが勝利の秘訣です。

フィボナッチ大事典

ギャン大事典

フィボナッチとギャンを使ったライントレードのオンラインスクール
3STARTER.JP ONLINE TRADE and PC SCHOOL


サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」はスリースタータードットジェーピーが運営する、相場分析やコラム用のブログです。インデックス投資に注目した内容になっています。

これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。分かりにくい用語はこちらの用語解説ページをご参照下さい。

お問い合わせはホームページからお願い致します。または、記事下のコメント欄からもお問い合わせ頂けます(承認された場合、公開される可能性がありますので予めご了承下さい。)

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!スリースタータードットジェーピーでは2つのメール講座を配信しています。
1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気! 2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信

投資の基礎はタダで学べ

投資は余裕資金の範囲内で、ご自身の判断と責任に基づいて行いましょう。記事内の文言や予測などは個人的見解です。投資の損益に関する責任は負いかねますので、予めご了承ください。
NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキング

  1. 1

    FXのやり方。フィボナッチで天底を取るトレード

  2. 2

    投資戦略1 ー 長期投資には資産の分散が必須!

  3. 3

    投資戦略6 – 投資信託と老後

証券会社の選び方

証券会社について精査した結果を記事にしました

証券会社の選び方

ブログ購読

相場分析・コラム配信は「ライントレーダーズ通信」へ!

投資の基礎はタダで学べメール講座」はトレードを無料で一か月間みっちりと学べる、大人気講座です!

※メール講座は2つあります。詳細はこちら(HPへ)

投資の基礎はタダで学べ。メール講座へ
投資の基礎はタダで学べメール講座 ≪1か月間の基礎・応用・勝ち方講座無料≫

著書『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』

 

フィボナッチトレーディングを1冊でカバー!

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論

TOP