インデックス投資のやり方

インデックス投資とは?

インデックス、つまり指数を使った投資またはトレードの事です。指数というと何があるのでしょうか?

ドルインデックス、日経平均株価、TOPIX、NYダウ、S&P500、ナスダック、VIX指数など、
沢山の指数がありますね。

そしてインデックスを使ってトレードをするには2つの方法があります。

  1. 指数自体を取引する
  2. 指数を参考にして、関連市場を取引する

この2つです。

例えば、ドルインデックスやVIX指数はそれ自体を取引するというよりも
米ドルの方向性を見たり、現在の投資における下落リスクの大きさを見たりする方が適しているでしょう。
しかし、日経平均はそれ自体を取引するものですよね。

このようにインデックス投資には直接取引する方法と参考にする方法があります。


投資の基礎はタダで学べ

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!

スリースタータードットジェーピーでは2つのメールマガジンを配信しています。

1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気!
2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信

インデックス投資のやり方

それではインデックス投資(これは当サイトのテーマでもある)をやって行くための具体例を考えてみます。

TOPIXの場合

トピックス 画像

TOPIX(トピックス)は東証一部上場企業の時価総額平均の株価指数です。

TOPIXを買うならTOPIXの値動きに連動したETFか投資信託を買う事になりますが、次の場合に適している投資先だと言えますね。

  1. 個別株はどれを買って良いか分からない
  2. 株価が全体的に上昇して行く見込みがある

全体的な株価上げが狙えるようなシーンにおいて、TOPIXを買うのは一番簡単かつ、個々の銘柄の影響をそれほど受けないため相応しい投資先だというわけです。

ただし、中には大きく伸びる銘柄もあるでしょうから、「莫大な利益を望むよりも、失敗しにくい投資を行いたい!」このようなご要望があればTOPIXを買うという選択肢が日本の株式では正解かも知れません。

TOPIXを買うべき時(チャート)

トピックス日足

2020年のコロナショック以降、順調に伸びています。このような株価指数全体が伸びているような時期には、TOPIXも買うタイミングとなります。

こちらは日足チャートでしたが、月足でも見てみましょう。

トピックス月足

月足で見ると、持ち合い圏内からようやく高値を越えて上抜けて来たようなシーンです。

では、株価指数に連動するETFか投資信託を買う、と書きましたので
例としてETFの「1305 ダイワ投信トピックス」を見てみましょう。同じく月足です。

ダイワ投信トピックス月足

チャートが途中からしかありませんが、値動きは似ていますよね?TOPIXの値上がりを買いたければ、このように連動したETFを買っておけば良いという事です。

また、積み立て投資で、ETFでもない投資信託(要するに上場していない)を買うという手もあります。その場合、チャートがないかも知れませんので、TOPIX自体の値動きを見て今後の利益確定ポイントなどを判断されると良いでしょう。

私が買っているTOPIXは、上の「ダイワ投信トピックス(ETF)」と「<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(投資信託)」というものです。ニッセイの方は上場していないはずですので、ETFではありません。こちらを積み立て投資で毎月買っています。

ETFのダイワ投信トピックスは昼間なら良いレートで高値で利益確定する事も可能ですが、ニッセイの投資信託は日の終値か翌日終値で利益確定となるため、急変時に対処が出来ません。しかし、積み立てというのは楽で良いですね。

https://3starter.com/wp-content/uploads/2021/02/fukidasi160-1.png

今現在、ETFは利益を確定したため、また年後半にでもやろうと考えています。

これが直接「指数の売買として投資する」という例でした。次に、「インデックスを参考にして、関連市場を売買する」という例に移ります。

インデックスを参考にする売買1 – 1333マルハニチロ

マルハニチロ日足 チャート

では、TOPIXに含まれている個別株として「1333 マルハニチロ」の日足チャートを見てみます。TOPIXの日足が先ほど出て来ましたが、その値動きと同じくしてこちらのマルハニチロも上昇しています。

であれば、この株だけ伸びないというリスクはあるものの、大体の買いタイミングとして「TOPIXが伸びるタイミングに合わせて個別株を買う」という戦略は成り立つ可能性があるという事になります。

もちろん、それぞれの市場のテクニカル的な要因やファンダメンタルズ要因が影響しますので、どちらもチェックしておいた方が良いでしょう。

インデックスを参考にする売買2 – VIX指数

VIX指数 月足チャート

VIX指数の月足です。コロナショックの2020年3月には大きく伸びていますね!この時、マーケット全体に大きな下落リスクがあった事を示しています。ですがその後はどうでしょう?

VIX指数は右肩下がりで、ほぼ元の値段まで戻って来ました。『ひとまずリスクは去った・・』と考えて、多くの投資家が個別株や株価指数を買ったはずです。

このようなタイミングを見逃さないためにも、VIX指数を見ておくのは参考になります。次にVIX指数が上昇する時はまた注意しましょう。

まとめ

インデックスを使ってトレードをするには2つの方法があります。

  1. 指数自体を取引する
  2. 指数を参考にして、関連市場を取引する

そして、直接的に指数を買う、例えば株価指数などを取引するなら、次の2つの時です。

  1. 個別株はどれを買って良いか分からない
  2. 株価が全体的に上昇して行く見込みがある

また、その株価指数を見て個別株の売買タイミングに活かしたり、
リスクが高まると株価指数が下落する恐れがありますから、VIX指数を参考にしたりする事も出来ます。

このように、一言で「インデックス投資」と言っても二通りあります。

また、今回ご紹介出来なかった「ドルインデックスを参考に為替を売買する」という方法や、
株価指数を見ながら他の株価指数を取引する」という方法もあります。

その件は当ブログで、以前に書きましたので宜しければご覧下さい。

参考記事;

それではまた。

NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」では、これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。当サイトはスリースタータードットジェーピーのブログ用サイトです。

分かりにくい内容があればお問い合わせ下さい。お問い合わせはホームページからお願い致します。または、記事下のコメント欄からもお問い合わせ頂けます(承認された場合、公開される可能性がありますので予めご了承下さい。)

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!スリースタータードットジェーピーでは2つのメールマガジンを配信しています。
1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気!
2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信
投資の基礎はタダで学べ

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP