オリンピックと円安相場は関係ある?

日本のオリンピックと円安相場は関係あるの?

yen ドル円画像

2021年は年始からドル円もクロス円も上昇しています。この値動きと2021年夏開催の東京オリンピックは関係あるのでしょうか?

ドル円クロス円の値動き、そして過去のオリンピック開催前後の値動き(夏季・冬季)から分析しましたのでご覧下さい。

まずはドル円・クロス円は円安相場になっているかを確認

今回の話は必ずしも、オリンピックだから円安になるというわけではなく
オリンピックの前後で値動きが変わる事があるという話です。

2021年の値動きとしては年始から円安相場になっていて、その後の値動きを考えるためにオリンピックとの関連を考えて行こうという企画です。

円安相場(日足)2021年

日足 円安相場 画像

ドル円だけではなく、ユーロ円、ポンド円、オージー円も上昇しています。この値動きの連動は、「ドル高」というよりは「円安」ではないですか?

円高ドル安、円安ドル高と言いますよね。この時、「日本円の価値が変わっているのか、それとも米ドルの価値が変わっているのか」を考えます。まずこれが通貨の売買の基本ですよね。

そして、2021年の年始から3か月間の値動きは、確かに米ドル自体も上昇していますが、クロス円※が総じて上昇しているわけですから円自体の価値変化だと考える事が出来ます。

つまり2021年は日本でオリンピックもありますし、我々日本の通貨は主役であり、世界でも注目されているという事ですね~。

オリンピックと為替との関係が、開催国が日本なため、今年はさらに強化されている可能性があります。

結論を先に言っておきます。

オリンピックの前後で値動きが変わるというのが持論です(笑)。

そして、オリンピック中は基本的に持ち合い相場。オリンピックだけではなく、大きなイベントがある時は一見トレードに関係ないようでも値動きに変化がある事をこれまで何回も確認して来ました。

※クロス円・・・ユーロ円、ポンド円、オージー円、カナダ円やスイス円など、「例;ユーロVS日本円」は「ユーロ対米ドル(EURUSD)」と「米ドル対日本円(USDJPY)」のレートを掛けたものです。これがクロス円と言われる所以です。2021年4月2日1時47分時点のレートでは、ユーロ円は130.171 ユーロドル 1.17718 ドル円 110.578 でした。UDJPYやEURUSDはこれに対して、ドルストレートと呼ばれます。

円安相場(週足)2021年

週足 円安相場 画像

見にくくなるのでオージー円は外しましたが、週足でも2021年1月~3月の値動きはドル円・クロス円共に上昇していました。2020年の主役はどちらかと言えば、米ドルの下落だったと記憶しています。しかし2021年の値動きはドルインデックス(米ドル価値を計る指数)が1月2月と持ち合いで3月にようやく上昇に転じた事からも、クロス円全体の上昇を引っ張って来たのがドル円の上昇であったと言っても良いのではないでしょうか。

これまでのオリンピックとドル円の値動きを検証してみよう

オリンピック夏季

MT4で表示出来る過去からのオリンピックとドル円の関係を表したチャートです。1996年のアトランタ後の上昇から見る事が出来ました。

次の2000年シドニー後も上昇。2004年アテネの後は持ち合いから下落へ。2008年北京オリンピックではその前に上げておいて下落。

2012年ロンドンオリンピックはそれまでの下落から上昇へ転じています。2016年リオデジャネイロでは下落だった値動きが反転上昇しました。

さて、2021年東京オリンピックの後はどうなるでしょうか。2021年4月2日現在は、年始から一方的に上昇しています。

 

これまでのケースでは、年内の値動きはほぼ反転していますね。それどころか、その後にも大きな変化をもたらしているようです。まして、これはドル円相場であり、2021年は日本でオリンピックがあるわけなので、これまでよりも分かり易い変化があってもよさそうな気がします。

但し、残念ながら現在のドル円は持ち合い相場なので、まずは持ち合いから抜け出せるかどうかが焦点となりそうです。そして、2008年北京のような値動きとなれば年前半の一方的な上昇がありその後は下落という事に。

このケースが疑われる年始からの不自然な上昇が3か月間続いていますが、2000年シドニーの後のような値動きであればリオデジャネイロ後の持ち合いから抜け出して上昇という可能性もなくはないでしょう。

冬季オリンピックと夏季オリンピックとドル円

オリンピック冬季

こちらは冬季オリンピック後の値動きです。1998年長野オリンピック後は上昇。2002年ソルトレークシティ後は反落。2006年トリノ後は下落。

2010年バンクーバー後は持ち合いで、その後下落。2014年ソチでも持ち合いでその後は上昇。2018年平昌後は反転上昇でした。

夏季オリンピックでは6分の4が上昇。冬季オリンピックでは6分の3が上昇という結果になり、確率だけで言えばあまりあてになりそうにありません。

しかしながら、それまでの値動きから反転下落や反転上昇するといった、目立った大きな値動きが現れるケースがほとんどでした。併せて見てみましょう。

オリンピック夏季冬季

どうでしょう?「夏季冬季併せて12回のオリンピック中、9個位は目立った変化があった」と言っても過言ではないように思います。

では、変化が2021年のドル円相場に起こり得ると仮定して、それは「年始からの一方的な上昇に対する下落」なのか?それとも、「2017年頃からの持ち合いながらも下落し続けて来た値動きに対する上昇」なのか?

あなたはどちらだと思われますか?

 

https://3starter.com/wp-content/uploads/2021/02/fukidasi160-1.png
ono

私は前者だと考えています。しかし、オリンピック開幕の数か月前までの値動きに対する反転が、これまでのケースではよく確認出来ます。2021年7月開始前まで気を抜かずに値動きをチェックしましょう!

月間展望2021年4月号オリンピックを踏まえた、2021年のFXの値動きに関しては既に動画で配信してあります。『年間展望2021』『月間展望2021年4月号』をチェックしてみて下さい。これらの動画は勝ち方実戦編フリーパスプランで配信しているメンバー限定の動画です。

ライントレードならスリースタータードットジェーピーへ!

NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」では、これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。当サイトはスリースタータードットジェーピーのブログ用サイトです。

分かりにくい内容があればお問い合わせ下さい。お問い合わせはホームページからお願い致します。または、記事下のコメント欄からもお問い合わせ頂けます(承認された場合、公開される可能性がありますので予めご了承下さい。)

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!スリースタータードットジェーピーでは2つのメールマガジンを配信しています。
1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気!
2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信
投資の基礎はタダで学べ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP