ドルインデックスの目標値は近い?天井か否か

ドルインデックス

ドルインデックスの目標値は近いか?

ドルインデックスのチャート

適当なタイトルで、適当な内容かに見えて、実は今の相場展開を担う重要な働きをしているのがこのドルインデックスの9週間連続上昇!

結局、ドル円ユーロドルも、ナスダックも、
要するにFXもCFDも「9週間伸びた米ドルが反転する時」に大きな変化が起こる可能性があります。

その目標値というのがUSDOLLARでは13120、DXYでは106。

斜めのオレンジのラインはギャンファン。

USDOLLARとDXYでは少し様子が違いますが、この1×1を割れた時には米ドルが下落に転じる。そうでなければ、下落しても押し目という事になっております。

米ドルの押し目、なのか、それとも
米ドルの転換なのか。

この2つでは意味合いが大きく異なります。

※この話の意味が分かっている人はごくわずかでしょう(笑)

ショート動画「週間展望エクスパンション9月16日」

YOUTUBE版もあります

とりあえずこの動画でも視聴してみて下さい。

※9月22日の日銀金融政策決定会合について、動画中で見逃していました。

 

色々話していますが、
補足すると

FOMCとアップルの値動きを考えた時に
言うてますが「持ち合いの可能性もある」ので注意したいですね。

※SQが終わって下落しただけ、と考えれば。

詳しい話は3分ではなく、30分の週間展望コンサルプラン(リトレースメントでの解説)でご覧下さい。

ちなみに私はナスダック、NYダウ、日経平均を天井から売っていて
すでにリスクフリーなので上昇しても良いし、
下落したら嬉しいし・・・というような状況です。

アップルは跳ねるか?

アップルのチャート

今のマーケットで重要な要素(今回は本当のポイントだけを話しています)はアップルの株価。

こいつが163.81に付いた時。

株価指数は大きく上昇する可能性が出て来ます。

上の動画でも話したように、173.75(エクスパンション0.618)を越えて終わっているので
まだその予想が成り立ちますが、

もちろん
この値位置を週足月足レベルで割れたら、さらにしばらく調整する可能性があります。

とにかく、アップルが上昇すればナスダックも急に上昇に転じるだろうし、
つられて日経平均まで調子が良くなる可能性がある。
※日経の場合、トヨタが上値を抑える可能性あり

株価指数の売買はETFでもCFDでも出来ますが、こういう代表的な株の値動きが結構影響を及ぼす。

見ておいた方が無難だと私は思います。

まとめ

ドルインデックスの9週連続上昇が10週目に突入するか、それともFOMCで反落するのか。

マーケットの流れはこの瞬間にガラッと変わる可能性もあるし、来週どうしようもない値動きなら
大局としてしばらくドル買いは継続するかも。

もちろんテクニカルに沿って判断すべきなので、ご自身の信じられる手法で判断して下さい、

私なら「上のドルインデックスチャートの緑の枠より上で終わるか、中か、下か。」
ほぼそれだけで単純に方向性を把握します。

ローソク足の原理としてそれが一番重要だと考えているから。

ドルインデックス、10年債・2年債利回り、アップル。
この辺りが株価指数とFXをやる上で
今は分かりやすい指標になっています。

是非チェックしてみて下さい。

それでは連休だと思いますので今日はこの辺で。

フィボナッチとギャンを使ったライントレードのオンラインスクール
3STARTER.JP ONLINE TRADE SCHOOL


サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」は相場分析やコラム用のブログです。インデックス投資に注目した内容になっています。これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。分かりにくい用語はこちらの用語解説ページをご参照下さい。

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信 メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

投資は余裕資金の範囲内で、ご自身の判断と責任に基づいて行いましょう。記事内の文言や予測などは個人的見解です。投資の損益に関する責任は負いかねますので、予めご了承ください。
NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp    

関連記事

おすすめ記事

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信

メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

最近の記事

  1. 2024年夏相場に向けての展開を考える|USDJPY|EURUSD|US100

  2. 6月相場を考えよう!ドル円・日経・ナスダック

  3. 日本円が終わるかどうかの瀬戸際。細かな値動きよりも重要な話

証券会社の選び方

証券会社の選び方

証券会社について精査した結果を記事にしました

著書『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論

フィボナッチトレーディングを1冊でカバー!

『極意書E-BOOK』登場

極意書 新版極意書が電子書籍になりました!
極意書【新版】E-BOOK』が登場☆

※12年間のフィボナッチトレーディング研究のまとめ

TOP