投資戦略2 – FX/CFDによるヘッジ、ブル・ベア相場について

FX/CFDによるヘッジ、ブル・ベア相場について

投資戦略コラム第2弾です。前回の話は「資産の分散」について、でした。
簡単にご説明すると、投資と呼ぶにはFXだけでは不十分。
株・債券・商品先物やそれらを組み合わせた投資信託やETFでアセットアロケーションまたはポートフォリオを作り、相場状況に応じて
保有資産の配分をコントロールする事によって、安定的な投資が可能になる。
このような話でした。

今回は、投資戦略2「FX/CFDによるヘッジ、ブル・ベア相場について」です。
まずはブル・ベア相場について。

ブル相場 ベア相場

ブル相場 ベア相場

ブル相場(bull market)・ベア相場

上げ相場の事をブル相場と言います。これは牛(ブル)のように、角を突き上げて攻撃する様子をイメージしてそう名付けられています。
対して、ベア相場(bear market)とは、爪で掻き下ろすように攻撃する様からのネーミングです。

多くの投資家はブル相場の時に利益を出し、ベア相場の時に損失を出します。
なぜかと言うと、基本的に株も投資信託も買い方面の投資だからです。信用取引で売りから入らない限りはブル相場(上昇相場)で利益が出て、ベア相場(下落相場)で損失になります。

そして多くの場合、株の上昇時にブル相場だ、リスクオンだと認識されます
しかし、本来その市場と値動きごとにブル・ベア相場はあり、金が上昇していれば金相場がブル相場になっているのです。

ポートフォリオを組む時に、各市場ごとの特性や値動きをしっかりと把握し、持ち合いまたはブル相場(上昇相場)になっている市場のみを組み合わせる事が出来れば、当然のようにそのポートフォリオはプラスの収支になるでしょう。

理屈としては(言葉の意味合いとしてだけであれば)そうですが、
「どの市場がブルになり、どの市場がベアになる」という事が前もって分かるのでしょうか?

相対的な価値変化を読み解く

イレギュラーが多々あるのが相場ですが(笑)、「最終的には基本とされる値動きに終着する」という考えに基づくのであれば、
債券と株は逆方向へ動き、金利が高い通貨が買われて、リスクオン(リスク志向)の時に株価は上昇し、リスクオフ(リスク回避)の時に金相場などの実体価値が高い商品にお金が流れる事になります。

これらの基本からまずは「金と債券、株価指数全般の方向性」と、
「買われている通貨はどこか」を見ておきます。

為替では円高円安、ドル高ドル安を最初に確認します。
ほとんどはそれだけでも十分ですが、その他の国へ投資するのであれば対円価値や対ドルの価値変化をよく見ておく必要があります。
今回はFXの話ではなく、海外債券や海外株を取引した時にどのように考えたら良いか?という観点から為替を考えてみましょう

例えば、アメリカの債券を投資信託で買ったとすると、為替の変動によって
債券で出るはずの利益が吹っ飛んでしまう事もあり得るのです!
円高の時には「為替ヘッジあり」の投資信託を買っておく。これとは逆に、円安の時には「為替ヘッジなし」の投資信託を買っておくと、為替の変動による利益が加わり、良い結果が得られるでしょう。

そのため、海外に投資する場合には為替の影響をよく考える必要があります。
FXでドル円のレートを熟知していれば、この点は簡単にクリア出来ます。

次は景気から来る影響を考えてみましょう。
景気が良い、悪い、とよく言いますが、相場の世界では「リスクオン」か「リスクオフ」かです。
リスクオンの時には、株が買われ、債券や金が売られると”一般的には”言われます。
安全志向の債券や金を手放して、株を買う人が増えるという事ですね。

ただしこれは一般論であり、景気が良くても金が上昇する事はあります。上昇するチャート形状であれば上昇するし、そうでもなければ一般論の通りになるでしょう。この点も、金チャートを分析出来るのであれば解決します。

株について考えてみると、株は無数にありますよね(笑)。また、景気が悪くても株が上昇する事は多々あります。
となると、何を見たら良いのでしょうか?

基本的にはアメリカの株価指数を見ていれば大体の方向性は掴めます。
ナスダック、NYダウ、S&P500。この3つが上昇すれば、日経平均もTOPIXも方向としては上(伸び率は違っても)という傾向にあります。

日経平均とTOPIXが上がるという事は日本の株式も、下落する市場よりも上昇する市場の方が多いという事ですから、アメリカの株価指数をまずは抑えておく必要があります。

アメリカの株価指数がこれから上昇するか下落するのか。
その先読み、または現状の方向性の把握をするためには、CFDのチャート分析が有効です。

※TOPIX(東証株価指数)は先行系列の一つ。
景気が良くなってからではなく、景気が良くなる前提で、今後を見越して上昇するものの代表として国が景気動向指数に加えています。つまり、現在の景気ではなく、今後の景気を見越して先に上昇するのです。景気が良いのに下がっている、景気が悪いのに上昇している。なぜだ?と思われる事もあるでしょうが、それは先行指数だからです。

トレード学習項目

結論の一つ。株式や特に、日経平均やTOPIXへ投資するのであれば CFDのチャート(これはFXと同じく高性能)を使って、 アメリカの株価指数をよく分析しておく事が必須!

CFDでチェックすべき市場

CFDは国内ではクリック証券や、2021年からは楽天証券でも取引可能になりました。海外FXではXMのチャートなどがオススメです。※CFDが使える証券会社比較は、姉妹サイト「投資の基礎はタダで学べ(口座開設方法)」に書きました。

このCFDで見ておくべきなのはNAS100(US100)、US30(NYダウの事)、US500、JP225、GOLD(XAUUSD)、US(USOIL)あたりです。

それ自体も取引出来ますし、例えば投資信託でS&P500に連動するインデックスファンドを買っていたとすると、正確な分析が出来るCFDのチャートは役に立ちます
チャートは、XMTradingvewをご利用頂くのが良いかと思います。

FXトレード手法

もう一つの結論は、海外の債券や株式に投資するなら、為替の影響を考える。FXで、特にドル円の分析が上手く出来るなら投資信託の「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」のどちらを選ぶべきかが判断出来る。

MT4でFXは取引出来ますし、正確な分析を行うならMT4かTradingviewです。どちらかで分析し、FXの取引や海外金融商品購入時の 為替ヘッジのためにもドル円レートはよく見ておきましょう! 

また、金相場はドル円レートと逆行する傾向がもう随分前から分かっています。相関関係で言ったら、-0.8位の一致(前回出て来た話)で逆へ動いています。

※と書いたので一応確かめようと思い、Let’s GOLDをチェックしたところ、直近30日間の相関関係が-0.77程度(この記事を書いているのが2021年2月)でした。
相関関係は度々変化しますので、感覚で理解するか、またはこういったサイトでチェックするというもの一つの手です。

よって、ドル円と金、ナスダックなど米国株価指数(特にナスダック100)のチャートに慣れておく事がかなり重要だと私は考えます。

それは為替変動のヘッジのため、株価下落時のヘッジのため、今後の景気の見通しのためでもあります。

まあ、私の場合は、トレード畑なので(笑)
結局はこの結論にたどり着いてしまうという事でしょう。
FXとCFDを使って分析する。長期投資はそれに基づいて、投資信託やETFで購入する。


次回は、このFXとCFDについて掘り下げてみます。
投資戦略コラム第3回目は「FX/CFDによるチャート分析手法」についてです。

お楽しみに!

NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」では、これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。当サイトはスリースタータードットジェーピーのブログ用サイトです。

分かりにくい内容があればお問い合わせ下さい。お問い合わせはホームページからお願い致します。または、記事下のコメント欄からもお問い合わせ頂けます(承認された場合、公開される可能性がありますので予めご了承下さい。)

FX CFDのライントレードを基礎から学ぼう!スリースタータードットジェーピーでは2つのメールマガジンを配信しています。
1.「投資の基礎はタダで学べ。メール講座」大人気!
2.「ライントレーダーズ通信」コラム+相場分析配信
投資の基礎はタダで学べ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP