なぜドル円が下落して、ユーロドルが上昇したのか?【昨日の復習】

ドル円・ユーロドル

ドル円下落、ユーロドル上昇の理由。

スリースタータードットジェーピーの大野です。今日は感謝祭ですね!
この記事では、
「感謝祭の前日になぜドル円が下落して、ユーロドルが上昇したのか?」を考えてみます。

まず昨日のライントレーダーズ通信(メルマガ)の配信で「ダウ理論だけでは駄目な理由」という記事をお届けしました。

その記事では「ダウ理論+水平線+移動平均線+トレンドライン」といった
ごく一般的なトレード手法の問題点を指摘しましたが、
なぜ耳障りの悪い(笑)、そんな話をしなければならなかったのか?』が今から判明します。

※要するにフィボナッチを使ったライントレードの実例です。

ドル円が下落した理由。

ドル円が下落した理由
ドル円が下落した理由

昨日のデイトレードはドル円を売ってユーロドルを買い、10万円くらい儲かりました。この売りで、ドル円の天井(151.798円)から始めた売りトレードはついに100万円の利益を突破。感謝祭という事もあり(笑)、収穫しておきました。

今の感じだと、次は140.4円辺りが売り場になりそうですが(外れたらごめんなさい)、それは皆さまに譲ります。私はしばらく仕事にのめり込みます。

見て頂きたいのは(そんな事ではなく)、どこで売ったのか?です。

上の図を見たら分かりますが、
2番天井から売って、その後で売り増し。

※2番天井は、昨日のレートでは最高値です。

この値位置でピンポイントでエントリーしました。売り増しも良い感じ(笑)。

天井で売るには、

  1. 下落する事が分かっている
  2. 最高値のレートが分かっている

という2つの事が必要です。

なぜ下落する事が分かっており、しかも一番高いレートで売れるのか?

不思議ではないでしょうか。

私はドル円の151円台の高値から全ての高値で売っています。

正直な話、何度同じ事があっても出来る自信がありますが、問題は「あなたには出来る?」という事です。

出来ていれば良いのですが、もしも151円台から何度も何度もチャンスがあって一回も出来なかったのだとしたら、今後も恐らく出来ないでしょう。

なぜか?

売買理由が違い過ぎるからです。

ドル円が下落した理由は3つある。

  1. 感謝祭前なので、上昇した分を戻した。
  2. 米国金利が下落した。
  3. 株価指数が上昇した。

まさか、ドル円チャートを見て『上か?下か?』と考えてはいませんか。

だとしたらそれはさすがに無理があります。

動く理由をまずは考えましょう。

値動きは結果であり、結果が生まれるためには原因があるからです。

ダウ理論だけでは駄目な理由をもう一度読んでみて下さい。

なお、テクニカル分析としては次のものを使えば天底など簡単に取れます。

  1. フィボナッチエクスパンション
  2. 日の目標値、週の目標値

この2つです。

どちらもスリースタータードットジェーピーの使い方であれば、という前置きは必須ですが(2番は私が作ったものですが)別に難しい問題ではありません。

ただ、その大前提としてなぜ下落するの?という理由が分かっていないと、せっかく上手く行くものもビビってしまって売れないのではないでしょうか。

10年債利回りと2年債利回り。

10年債利回りと2年債利回り
10年債利回りと2年債利回り

これが原因です。

ただこれもまた、チャート分析が出来ないと下落するという事自体が分かりません(笑)。

分析力が必要です。

移動平均線では分からないかも知れませんね。

理由があってこうなっています。

会員様でなければ説明したところで理解出来ないので、ブログで読んでいる方には言っても仕方ないのですが、次の事が理由です。

窓埋めをした後で、週の仕込みを下回っていたから。

当たり前の事ですがご存じなければ「シンプルデイアンドスイング♪」や「デイトレード手法1~3」をご利用下さい。

ユーロドルが上昇した理由。

ユーロドルが上昇した理由
ユーロドルが上昇した理由

ユーロドルもピンポイントで押し目で買って、買い増しして利食いしました。

ユーロドルが上昇した理由(2022年11月23日に)は、次のものです。

  1. 元々、先週からその予定だった
  2. 米国金利が下落した
  3. 株価指数が上昇した

私は先週から上昇する事を知っていました。週末から、というか。

だから今週は押し目しか狙っていません。※ちょっと下落を売ったかもしれませんが(笑)

なぜ、先週からユーロドルが上昇する事を知っていたのか?

簡単です。

先週の終値がラインを越えていたからです。

フィボナッチエクスパンションの使い方を正しく知っていれば誰にでも分かる。

正しく知っている人は、私と会員様しかいませんが(笑)。

どこで買うのか?

という値位置に関しては、週と日の目標値が分かっていれば買えるでしょう。

以上です。

まとめ

これらが昨日、ドル円が下落してユーロドルが上昇した理由です。

ダウ理論の話でも書いたように、当たり前の誰でも知っている手法で値動きが分かるのはごく一部だけ。

表面の部分しか見えていないから分かりません。

値動きには理由があり、それを理解した後でテクニカル分析を使えば良い。

そのテクニカルとは水平線でもトレンドラインでもないし(笑)、移動平均線でもない。

フィボナッチですよ。

感謝祭の前に利食いして、皆、休暇に入るでしょう。ここから先の値動きは難しくなるはず。

これに合わせて、次の分かり易いタイミングまで何もしなくても良いだろうと思います。

今月はおしまいです。よい週末を!

ご紹介した手法

1.「シンプルデイアンドスイング♪

週の売買の解説とトレードルール。これが週の目標値。

2.「デイトレード手法1~3

独自のデイトレードの手法。昔から何度も完売しています。

チャートで使用したテンプレートは「MT4仕込みテンプレート3S」です。

フィボナッチとギャンを使ったライントレードのオンラインスクール
3STARTER.JP ONLINE TRADE and PC SCHOOL


サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」は相場分析やコラム用のブログです。インデックス投資に注目した内容になっています。これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。分かりにくい用語はこちらの用語解説ページをご参照下さい。

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信 メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

投資は余裕資金の範囲内で、ご自身の判断と責任に基づいて行いましょう。記事内の文言や予測などは個人的見解です。投資の損益に関する責任は負いかねますので、予めご了承ください。
NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

関連記事

おすすめ記事

TOP