ぼちドル円売り?為替介入?|ギャンのサイクルで考える

ドル円・ユーロドル

ギャンのサイクル理論を考える(実践編)

今日はドル円を題材に時間軸(横の流れ)を考えてみたいと考えています。どのくらいのスパンで上下を繰り返しそうか?このような話です。

スリースタータードットジェーピーの大野がお届けします。

ドル円日足にギャンのサイクルを当てはめると‥

ドル円サイクル日足拡大図

ドル円サイクル日足拡大図

ドル円サイクル日足

ドル円サイクル日足

上昇の起点から30日と42日。ここが145円手前の高値となりました。

反転した場合、タイミングとしては

上昇開始から42日~49日の間に下落に転じて、
15日~21日程度、下落する可能性があるのではないかと考えています。

という事で私は144.9円辺りで売っているので
下落して欲しいなあ(笑)というように個人的には思います。

本日、為替介入の(まだ口先介入のようですが(笑))話も出ていますので、可能性はあるように見えます。

米国金利(10年債)の瀬戸際でもある。

現在の状況はギリギリのポイントにあります。10年債利回りが前回6月14日に3.497%へ上昇し、今3.5%に乗せるかどうか?の瀬戸際です。9月14日高値が3.474%。

今月の上昇目標値は3.539%です。

この市場が高値越えに踏み切った場合は、ドル円も高値越えの可能性が高くなります。

ですので、このタイミングでの介入の話は悪くないように思いますよね。

この点を踏まえると、上昇リスクはあるので、安値圏では買いを入れつつ安全志向でという事になるでしょうか。

ギャンのサイクル+フィボナッチで考える

ギャンサイクル+エクスパンション

ギャンサイクル+エクスパンション

クリックすると拡大します。

先ほどの図にフィボナッチエクスパンションを足してみました。

目標だった144.758円到達で下落中(少し(笑))、最大133.449円がオレンジのラインです。上は151.677円にあります。

エクスパンションでは143.418円を下回れば138.442円か134.690円が押し目になるという事に。上は146.961円です。

もっと細かな値動きでは145.3円辺りまで上昇する事は普通に可能です。

ただ、10年債利回りが一旦落ち着こう~という流れになれば下落するでしょうね。

サイクル理論によれば、
この期間の上昇分の調整があり得ます。

動画「ギャンのサイクル理論を考える(実践編)」

ギャンのサイクル理論を考える(実践編)

ギャンのサイクル理論を考える(実践編)

この話は実は動画になっています。

9月7日の高値(144.9円)で売って、13日に再度高値トライする可能性が高い事も話してある動画で、実際にそうなりました。

9月10日に撮影した動画です。

動画の内容はこのドル円をテーマに、サイクル理論を考えるというものになっています。

  1. 一体なぜこんな値動きになっているのか?
  2. 週足月足のサイクルではどうか?
  3. 日足サイクルではどうか?

このような内容です。

動画は勝ち方実戦編の新動画として追加してあります。

それではまた。

本当に一旦反転すると、サイクル通りで良いのですがねえ

 

 

フィボナッチとギャンを使ったライントレードのオンラインスクール
3STARTER.JP ONLINE TRADE and PC SCHOOL


サイトのご紹介

投資とトレードの融合。for index trade」は相場分析やコラム用のブログです。インデックス投資に注目した内容になっています。これからFX CFD ETFなどを始めよう!という方にお役に立てる内容を配信して行きます。分かりにくい用語はこちらの用語解説ページをご参照下さい。

当サイト記事の相場分析を配信中!

ライントレーダーズ通信 メール講座もあります。詳細はこちら(HPへ)

投資は余裕資金の範囲内で、ご自身の判断と責任に基づいて行いましょう。記事内の文言や予測などは個人的見解です。投資の損益に関する責任は負いかねますので、予めご了承ください。
NOBU ONO(3STARTER.JP)

NOBU ONO(3STARTER.JP)

著書;『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰』『極意書 STRATEGIES ~20の売買戦略~』ホームページで販売中!   代表作;『フィボナッチ大事典』『ギャン大事典』『時間帯における考察』など インジケーターばかりを教える日本の投資教育に疑問を感じ、自身が運営するサイト『投資の基礎はタダで学べ』や動画教材で、個人投資家に「フィボナッチとギャンを使ったライントレード手法」を2012年から教え始める。|スリースタータードットジェーピー ホームページ;https://3starter.jp お問い合わせ先;info@3starter.jp    

関連記事

おすすめ記事

TOP